物損事故と保険

交通事故にはいろんな種類がありますが、大きくわけて人身事故と物損事故のどちらかになります。それによってまず適応される保険も異なります。車両同士の事故で、お互い大きなケガがないと判断した場合は、物損事故として処理されます。また単独で事故を行った場合、ぶつかってしまったものに対して修繕する必要性があります。その特に適応されるのが対物保証です。

対物保証に関しては、自賠責保険しか加入していない場合の修理費はすべて自己負担になります。ガードレールや電柱などを修理した場合何十万といった費用が掛かります。そのため大きな自己負担額になります。最近ではアクセルやブレーキの踏み間違えなどでスーパーやコンビニなどに車ごと突っ込んでしまう事故も多発しています。店舗の場合は修繕費だけでなく、その期間の営業停止による損失なども補償内容に含まれます。
そのほかにも誤って踏切内で動けなくなった場合、大型バスに接触した場合は1億円近くの損害賠償を支払う可能性もあります。このように場合によっては一生涯をかけても返済が難しいほどの賠償を背負う可能がないとは言い切れません。そのため対物保証を無制限にしておくことで、万が一に備えた保険として安心して運転することができます。

人身事故と保険

保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は車を乗る以上義務付けられている保険です。私たちが安全に車に乗るためには、必ず車検を通しメンテナンスを行わなければいけません。陸運局に届け出を行う際に必ず自賠責保険の支払いも行わなければいけません。車検は自分で行う人が少なく、どこかに依頼して行ってもらうため、自賠責保険を支払っているという意識が少ないです。

自賠責保険では人身事故の場合、被害者の死亡や重度の後遺症が残った時には保証が受けられます。しかし運転手本人や同乗者などの保証はないため、必ず自動車保険に加入する必要があります。自動車保険には保証内容が充実していて、人身事故や対物事故でも無制限にしておくのが一番安心です。どのような形で事故を起こしてしまうのか分からず大きな損害が加害者にかからないように、ほとんどの保険会社では無制限にしています。
そして被害者だけでなく、加害者本人や同乗者に対してしても保険が適応されます。保険会社によって保障の支払われる条件が異なるため、注意しながら契約をしましょう。交通事故の中でも人身事故は人の相手や自分の人生を大きく狂わせてしまうことになります。その被害を最小限にするためにも保険の加入は必要です。


参考HP〈交通事故弁護士
交通事故の基礎知識を参考にさせてもらいました。

交通事故と保険

日常生活で車を頻繁に使用する人もいれば、レジャー目的でしか使用しないという人もいます。車使用する頻度が多いほど、事故を起こすケースは増えてしまいます。しかしそらないという生活は不便なことが多い地域もあります。そこで万が一の時に備えて多くの人が保険に加入しています。

保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は必ず車検を通すときに強制的に支払うことになっているため、車検を通せば最低限の保険は保証されています。しかし交通事故には自損事故の場合もあれば、車や人、自転車やバイクなどの接触事故を起こしてしまう可能性もあります。事故によって保障内容も異なり、十分な賠償金を支払うことができるとは言い切れません。そのため車を持っている人の多くは任意で自動車保険に加入しています。

自賠責保険の場合は、事故の加害者が任意保険に加入していない場合でも被害者が最低限の保証を受け取ることができるものです。被害者保護が目的になっているため加害者に対する保証は一切ありません。加害者の人的被害や車の保証、また単独の物損事故の場合もすべて任意保険でしか保証がききません。被害者の保証に対しても自賠責保険だけでは賄いきれない可能性もあるため、無制限で保証を受けられる任意保険を選択するのがおすすめです。保険は事故をおこさなければ使用することはありません。しかし万が一のことを想定した場合、大きな損害を抱えてしまうと普通の生活を送ることが難しくなります。任意保険に加入して常に周りに注意しながら車を乗る必要があります