車両保険の価値

自動車保険に関して理解しないまま加入している人は多いのではないでしょうか。どんな事故でも保険会社に連絡をすれば、車の修理や相手の修理も行ってもらえると間違った解釈をしている人もいます。保険に関しては契約している補償内容によって保険料も変わります。比較的に保険料が高い場合は補償内容が充実していますが、なんでも補償対象になっているとは限りません。
一番注意すべき点は、車両保険についてです。

車両保険は過失割合が100%の事故を起こした場合に自分の車に対する修理費用を補ってもらえるかどうかということです。
単独事故でガードレールなどにぶつかった時、停車中の車に後から衝突した時など相手がいない事故や相手に過失がない場合は相手側の保証しかありません
しかし車両保険に加入していることで、自分の車を修理することが可能です。
ただし加入時に決められた車体価値の範囲内になりますが、修理を行うことができます。
万が一車両保険に加入せず、単独事故を起こした場合は車両の修理は自己負担になります。
全損になった時は車への保証はなく、ローンだけが残ってしまう可能性があります。
車両保険は自分の事故だけでなく、当て逃げで相手がわからない場合、いたずらによる損傷の場合にも保証が適応されるのでおすすめです。