人身事故と保険

保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は車を乗る以上義務付けられている保険です。あたしたちが安全に車に乗るためには、必ず車検を通しメンテナンスを行わなければいけません。陸運局に届け出を行う際に必ず自賠責保険の支払いも行わなければいけません。車検は自分で行う人が少なく、どこかに依頼して行ってもらうため、自賠責保険を支払っているという意識が少ないです。

自賠責保険では人身事故の場合、被害者の死亡や重度の後遺症が残った時には保証が受けられます。しかし運転手本人や同乗者などの保証はないため、必ず自動車保険に加入する必要があります。自動車保険には保証内容が充実していて、人身事故や対物事故でも無制限にしておくのが一番安心です。どのような形で事故を起こしてしまうのか分からず大きな損害が加害者にかからないように、ほとんどの保険会社では無制限にしています。そして被害者だけでなく、加害者本人や同乗者に対してしても保険が適応されます。保険会社によって保障の支払われる条件が異なるため、注意しながら契約をしましょう。交通事故の中でも人身事故は人の相手や自分の人生を大きく狂わせてしまうことになります。その被害を最小限にするためにも保険の加入は必要です。

参照サイト⇒交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所