交通事故と保険

日常生活で車を頻繁に使用する人もいれば、レジャー目的でしか使用しないという人もいます。車使用する頻度が多いほど、事故を起こすケースは増えてしまいます。しかしそらないという生活は不便なことが多い地域もあります。そこで万が一の時に備えて多くの人が保険に加入しています。

保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は必ず車検を通すときに強制的に支払うことになっているため、車検を通せば最低限の保険は保証されています。しかし交通事故には自損事故の場合もあれば、車や人、自転車やバイクなどの接触事故を起こしてしまう可能性もあります。事故によって保障内容も異なり、十分な賠償金を支払うことができるとは言い切れません。そのため車を持っている人の多くは任意で自動車保険に加入しています。

自賠責保険の場合は、事故の加害者が任意保険に加入していない場合でも被害者が最低限の保証を受け取ることができるものです。被害者保護が目的になっているため加害者に対する保証は一切ありません。加害者の人的被害や車の保証、また単独の物損事故の場合もすべて任意保険でしか保証がききません。被害者の保証に対しても自賠責保険だけでは賄いきれない可能性もあるため、無制限で保証を受けられる任意保険を選択するのがおすすめです。保険は事故をおこさなければ使用することはありません。しかし万が一のことを想定した場合、大きな損害を抱えてしまうと普通の生活を送ることが難しくなります。任意保険に加入して常に周りに注意しながら車を乗る必要があります