物損事故と保険

交通事故にはいろんな種類がありますが、大きくわけて人身事故と物損事故のどちらかになります。それによってまず適応される保険も異なります。車両同士の事故で、お互い大きなケガがないと判断した場合は、物損事故として処理されます。また単独で事故を行った場合、ぶつかってしまったものに対して修繕する必要性があります。その特に適応されるのが対物保証です。

対物保証に関しては、自賠責保険しか加入していない場合の修理費はすべて自己負担になります。ガードレールや電柱などを修理した場合何十万といった費用が掛かります。そのため大きな自己負担額になります。最近ではアクセルやブレーキの踏み間違えなどでスーパーやコンビニなどに車ごと突っ込んでしまう事故も多発しています。店舗の場合は修繕費だけでなく、その期間の営業停止による損失なども補償内容に含まれます。そのほかにも誤って踏切内で動けなくなった場合、大型バスに接触した場合は1億円近くの損害賠償を支払う可能性もあります。このように場合によっては一生涯をかけても返済が難しいほどの賠償を背負う可能がないとは言い切れません。そのため対物保証を無制限にしておくことで、万が一に備えた保険として安心して運転することができます。